花より漫画

漫画・アニメの最新情報から、 懐かしい話題までお届けする、 マンガ好きのためのまとめブログです!

    漫画


    美味しんぼ』(おいしんぼ)は、雁屋哲(原作)、花咲アキラ(作画)による日本の漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、1983年20号より連載。1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。2020年10月時点で累計発行部数は1億3500万部を突破している。
    152キロバイト (17,293 語) - 2022年5月6日 (金) 23:42

    (出典 img.papy.co.jp)


    ~管理人のひとこと~
    富井副部長がヒステリー起こす回はだいたい腹立つなw

    1 風吹けば名無し :2022/05/23(月) 12:58:31.85 ID:6nD/z+hd0.net

    副部長がテレビで人気者になる回が嫌いや
    続ければよかったのに


    【【悲報】美味しんぼで思い出すとイラっとする回挙げてけ】の続きを読む


    かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(かぐやさまはこくらせたい てんさいたちのれんあいずのうせん)は、赤坂アカによる日本の漫画作品。通称『かぐや様』。『ミラクルジャンプ』(集英社)にて2015年6月号から2016年2月号まで連載され、掲載誌を『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に移し、同年1…
    160キロバイト (21,029 語) - 2022年11月3日 (木) 01:56

    【【悲報】かぐや様作者の赤坂アカ先生、漫画家も引退してしまう…】の続きを読む


    鋼の二つ名を持つ錬金術師エドワード(エド)と鎧弟アルフォンス(アル)。兄弟は流行り病で亡くなった母親を生き返らせるため、人体錬成という禁忌を侵し、失った肉体を取り戻すため、賢者石を探して旅をしていた。旅途中、錬金術師を狙う男・傷男(スカー)に襲撃されるが、焔の錬金術師
    108キロバイト (14,493 語) - 2022年10月26日 (水) 15:58



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ~管理人のひとこと~
    マジでサイコパスだよな、ありえないわ。

    1 風吹けば名無し :2022/05/20(金) 05:05:29.04 ID:3YRwf5Yd0.net

    犬耳少女にしろよ…!


    【【鋼の錬金術師】パッパが娘と犬でキメラ造ってたけど、マジで無能だよな】の続きを読む


    るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- > るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-の登場人物一覧 > 緋村剣心 緋村 剣心(ひむら けんしん)は、和月伸宏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する架空の剣客であり、本作品の主人公である。作中では緋村 抜刀斎(ひむら ばっとうさい)の名でも呼ばれている。…
    28キロバイト (5,018 語) - 2022年10月25日 (火) 05:53

    ~管理人のひとこと~
    こんだけやっといて死なせてないんだから、そりゃもう超一流よw

    【【衝撃画像】緋村剣心さん、強すぎて現実離れした必殺技を繰り出してしまう…】の続きを読む


    野球漫画(やきゅうまんが)は、漫画のジャンルのひとつであり、野球をテーマとした漫画野球を物語の重要な要素とした漫画を指す。一般的にはフィクションであるが、プロ野球をテーマとする場合、チーム名や選手、それに優勝したチームについては現実に合わせることもある。 野球
    28キロバイト (4,343 語) - 2022年10月29日 (土) 13:29
    ~管理人のひとこと~
    ダイヤのAやフォーシームの連載終了の一方、ブルーロックやアオアシは大人気だもんね。
    サッカー先週ってカズとか特殊な人以外はすげー寿命短そうだけどな。

    1 脱衣クマ ★ :2022/10/31(月) 13:05:23.34ID:Wckw1XIA9
     「ビッグコミック」で連載されていた人気野球漫画『フォーシームNEXT』(さだやす圭)が、10月25日発売の同誌にて最終回を迎えた。そして、26日発売の「週刊少年マガジン」48号では、アニメも好評を博してきた『ダイヤのA actII』(寺嶋裕二)が幕を閉じる。

    『フォーシームNEXT』は第一章となる『フォーシーム』の開始から数えて約9年、『ダイヤのA actII』は『ダイヤのA』を含めて約16年続いた長期連載であり、「野球漫画」というジャンルを語る上で、ひとつの象徴的なタイミングになりそうだ。

    全文はこちらから
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00b74d019db16c4c21808c68c4731c967b056c9b

    国内最大級の電子書籍ストア「ブックライブ」による「少年マンガ・青年マンガ 上半期ランキング2022」(集計期間:2022年1月1日~5月31日)においては、発表された50位までに野球漫画の姿がない。創作のモチーフとしても、あるいは実際の競技としても、「野球」は「サッカー」と比較され続けてきたが、同ランキングでは5位に『ブルーロック』(原作:金城宗幸:漫画:ノ村優介)、6位に『アオアシ』(小林有吾)と、アニメ化も話題のサッカー漫画2作がランクインいるのが対照的だ。

    【【悲報】サッカー漫画人気が急増する中、野球漫画のオワコン化が進んでしまう…】の続きを読む

    このページのトップヘ